一一(一一)源大納言雅俊一生不犯の鐘打たせる事

原文

  1. `これも今は昔京極の源大納言雅俊といふ人おはしけり
  2. `仏事をせられけるに仏前にて僧に鐘を打たせて一生不犯なるを撰びて講を行はれけるにある僧の礼盤に上りて少し顔気色違ひたるやうになりて撞木を取りて振りまはして打ちもやらで暫しばかりありければ大納言
  3. `いかに
  4. `と思はれけるほどにやや久しく物も云はでありければ人ども覚束なく思ひけるほどにこの僧きたる声にて
  5. `かはづるみはいかが候ふべき
  6. `と云ひたるに諸人頤を放ちて笑ひたるに一人の侍ありて
  7. `かはづるみはいくつばかりにて候ひしぞ
  8. `と問ひたるにこの僧首をひねりて
  9. `きと昨夜もして候ひき
  10. `と云ふに大方み合へり
  11. `その紛れに早う逃げけりとぞ