一 兵法の身なりの事

現代語訳

  1. `身の構えは、顔は俯かず、仰向かず、傾かず、歪まず、目に力を込めず、額に皺を寄せず、眉間に皺を寄せて、目の玉が動かぬようにして、瞬きをせぬように意識して、目を少し細めるようにして、柔和に見える顔をし、鼻筋を真っ直ぐにして、少し下顎を出す感じにするのである
  2. `首は後ろの筋を真っ直ぐに、うなじに力を入れて、肩から下全体は均整を意識し、両の肩を下げ、背筋を正しくして尻を出さず、膝から足先まで力を入れて腰の屈まぬように腹を張り、いわゆる
  3. `楔を締める
  4. `といって、脇差の鞘に腹をせて帯が弛まぬように楔を締める、という教えがある
  5. `総じて、兵法の身において、常の身を兵法の身とし、兵法の身を常の身とすることが肝要である
  6. `よくよく吟味すべし