祇園精舎

現代語訳

  1. `天竺の祇園精舎の鐘の音は、諸行無常の響きをたてる
  2. `釈尊入滅の折に白く変じた娑羅双樹の花の色は、盛者必衰の道理を表す
  3. `驕り高ぶる人の勢いも長くはない、春の夜の夢のようである
  4. `勇猛な者もついには滅ぶ、風の前の塵に同じ
  1. `昔の異国を見てみれば、秦の趙高、漢の王莽、梁の周伊、唐の禄山、これらは皆前の君主や帝の治世にも従わず、豪奢を極め、諫めをも聞き入れず、天下が乱れることを悟らず、民衆の訴えにも素知らぬ顔をしたがゆえに、ほどなくして滅んだ者たちである
  2. `近頃の我が国に目を向ければ、承平の平将門、天慶の藤原純友、康和の源義親、平治の藤原信頼、この者たちは、猛き心も驕れるさまもそれぞれであったが、近頃の六波羅の入道・前太政大臣平朝臣清盛公という人のありさまは、伝え聞くほどに理解の限りを逸脱し、語る言葉も追いつかない
  1. `その先祖を見てみると、桓武天皇第五の皇子、一品式部卿・葛原親王九代の後胤、讃岐守・平正盛の孫、刑部卿忠盛朝臣の嫡男である
  2. `その親王の御子・高視王は無位無官のまま亡くなった
  3. `その御子・高望王のとき、初めて平の姓を賜って上総介になられると、すぐさま皇族を離れて臣下として籍を置いた
  4. `その子・鎮守府将軍良望は、後には国香と名を改めた
  5. `国香から正盛に至るまでの六代は諸国の受領であったが、殿上への参内はまだ許されていなかった

関連